2014年05月22日

スタイリッシュにやりたいならコレでしょう

今、サーフィン業界で最も旬なブランドと言っても過言ではないでしょう。週末に横浜で行われるGreenroom Festivalに出演も決まっているスタイルマスターAlex Knostと父Matt ArchboldにおとらないフリーサーファーFord Archboldらが乗っているのですから間違いありません。流れるようなスタイリッシュなライデイングを求めるサーファーに是非乗っていただきたいPANDA SURFBOARD。

革新的なシェイプと独特のアートセンス。まさに今のサーフカルチャーをリードするブランドですね。

さらにもう一つ気になるものを紹介すると


このハニカムは実は模様ではありません。それぞれのモジュラーが独立した革新的なEPSフォームです。その特徴はボードのしなりがコントロールできる画期的な特許取得技術。個人的に一目惚れしてしまったので早速オーダーをお願いしました。GEO BLANK HEX

自分のサーフスタイルにあわせてシェイプとブランクスがカスタマズできるそんな新時代の幕開けが近づいてきましたね。

2014年05月12日

病み付きになる漕ぎ味

トルク、ケイデンス、スナップともにエクセレント、3拍子揃った素晴らしいパドルです。ブレード幅も17.2cmと細めなのにバーチカルに積層されたカーボンテップのしなりから強いトルクを発生させます。当然アスペクト比が高いためハイケイデンス。極めつけはWERNER特有のスナッピーさは間違いなく癖になることでしょう。

さらに自慢のシャフトのリバウンドのよさも上級パドラーを満足させてくれるはず。レース、ウェイブともに使えるマルチパドルです。是非お試しください。


左)Nitro 右)Fuse 昨年までのものよりシャフトの肉厚が薄くなりグリップもカーボンになったためさらに軽量に。


大切なのは裏面の形状


バーチカルラミネートされたテップは非常に強いスナップを生み出す。レイキ角も少ないため操作もダイレクトです。

Brand:WERNER
Model:Nitro
Price:¥46440

2014年05月10日

TCSSサーフトランクス入荷しました

The Critical Slide Society (ザクリティカルスライドソサイエティ)、通称TCSS(ティーシーエスエス)は今やトレンドの中心でもあるアフターサーフスタイルの先駆けブランド。このブランドなしに今のサーフファッションは語れません。

ボードショーツを街であたりまえに履くスタイルを定着させたブランドでもあります。Stab MagazineでTCSSのボードショーツは世界一スタイリッシュなボードショーツとして認められました。


KaiPortrait1small.jpg


2014S_tcss_1.JPG
Model:Fixie
Price:¥12744

2014S_tcss_2.JPG
Model:Halfcast
Price:¥12744

2014S_tcss_3.JPG
Model:Plain Jane
Price:¥12744

2014S_tcss_4.JPG
Model:Fauxwaii
Price:¥12744

2014S_tcss_5.JPG
Model:Dolphine
Price:¥5940

2014S_tcss_6.JPG
Model:Strongam
Price:¥7020

2014S_tcss_7.JPG
Model:Sometimes
Price:¥6264

2014年04月14日

ボールペンの会社が作るSUPがさらに進化

BICといえばあのBicBoyがトレードマークのボールペンを思い浮かべる方も多いと思いますが、サーフボードやウインドサーフィンのボードメーカーとしても世界的に有名なのです。あえてハイスペックなプロダクトにはフィーチャーせず、あくまでコンシューマーをターゲットとした物作りを行っているフランスの会社です。

昨年サーフボード型をフルモデルチェンジしたばかりというのに今期はさらにツーリングモデルが発売されました。細いノーズと12.6インチの長さはやはりパドリングにスピードが生まれ漕ぐ楽しさを感じさせてくれます。価格の魅力もさることながら漕ぐ事がさらに楽しくなるんですから言うことなしですね。

コストコなどでも安価なインフレータブルSUPを見かけますが、ほぼすべてが初期のインフレータブルSUPのスペックのもので時代遅れのものです。

その違いはというと
1)ボード自体の厚みが6インチに増し分厚くなった→従来の薄いインフレータブルはたわみが生じて安定性に欠けスピードも遅い。
2)空気圧が15ポンドまで強くかけれる→10ポンド程度しかかけられないボードはたわみが生じやすい。
3)取り外し式のセンターフィン付→トライフィンのものは直進安定性が低くクルージング向きではない。
4)ノーズにもDリングとキャリーハンドル付→牽引できるのでお子様が疲れたりしたときに役立つ。
5)ボードシェイプも最新のものになった。→シェイプが悪いと安定性に欠ける。

今期モデルも価格も押さえられて内容はかなり充実しています。これからSUPクルージングを始めようとする方には十分過ぎるボードですね。昨年までのサーフボードタイプは¥99000とさらにお求めやすくなっています。
マジックアイランドではスクールでも使用しています。試乗もできますのでお気軽にご連絡下さい。

Brand:BIC
Model:SUP Air 12"6’Touring
Price:¥129000
Model:SUP Air 11"Touring
Price:¥119000(tax inc)


マジックアイランドでは只今インフレータブルSUP購入の方にもれなくライフジャケットをサービスさせていただいております。(現金の場合)また無料でダイエットパドリングのレッスンを行なっております。


専用のバックに収納すればたったこれだけ!

インフレータブルSUPの魅力は、家での収納スペースがいらないことはもちろんですが、電車、船、飛行機の旅にボードを持参してより奥深く旅を楽しみたいノマドなパドラーにもなれることですね。さあ週末はどこに行って漕ぎましょうか?

2014年03月25日

波乗り用のSUPは直巻きがいい

市販されているほとんどのSUPは型にはめて量産するプロダクションモデルというもので比較的安価でできるところにメリットがありますが、こと波乗りをするとなるとレールに巻いてあるPVCに浮力がありすぎて上手く波にレールをセットすることができずにリップから落とされたりと怖い思いをしている人も多いハズ。

反面フォームにクロスを直巻きのボードはナチュラルにレールが沈んでくれるため波のフェイスにスムースにレールがかんでそこから加速が得られます。SUPでの波乗りのステップアップを目指すなら直巻きのボードを是非試してみてください。

KAZUMAなどのカスタムボードは高価なのでなかなか手が出しにくいなと思っている人はこんなボードなんかがいいと思いますよ。


Laird:
言わずと知れたウォーターマン"Laird Hamilton"のブランド。サンタクルーズのロコブランド"ARROW"のシェイパーがデザイン。僕も使ってますがサーフボードのようにナチュラルです。何よりもレアードのオーラを感じる事ができるのがいいですね。
Fire Fish 8'0" ¥169000 The Surfer 10'¥196000

NSP:
NSPといえばエントリーボードというイメージはもう過去のもの。Dale Chapmanのデザインしたレースボードは昨年Molokai 2 Oahuでもチャンピョンとなり、この直巻きのボードのポテンシャルもかなり高そうです。価格もほどほどでいい感じですね。
DC Wave Pro 8'6" ¥175000

2014年03月14日

サーフカルチャーマガジンF+入荷。ご自由にお持ち帰り下さい

最新の海外のトップサーファーたちのコンペシーンを分析する編集長ユキさんの目線が面白い。サーフカルチャーを発信するフリーペーパー"F+(エフプラス)"が届きました。

今回はトップサーファーたちの身長や体重、使用ボードスペックなんかが載ってて興味深い。ケリーの身長が175cmてのはうそっぽいけどね。お店に立ち寄った際には是非お持ち帰りください。

2014年02月28日

乗り味にこだわるなら国内生産のパウダーボード

特別な日には最高の感覚を共有できるスペシャルな相棒がほしいもの。しなやかなフレックスや動きの軽さ、滑走性の高いソールはパウダーライディングをより楽しくしてくれます。

国内生産のパウダーボードは、ここ1.2年で開発が進みちょっと大味な乗り味のチャイナメイドや他海外生産のものに比べ細かく何度もテストを繰り返しているため一線を画した安定したクオリティーが確保されています。奇抜なアウトラインこそありませんがミニマルで繊細な乗り味を追求するライダーはちょっとそういう目でチェックしてみていただくとその違いを感じていただけるハズです。

3/1.2 サイオトで開催される西日本合同試乗会でも試乗が可能です。是非完成度の高さを体感してみてください。


2013年12月18日

ホットジェルキャンペーン開催


ウインターサーファーにとってこれからのシーズンは貸切のブレイクを堪能できる特別なシーズン。
しかし寒過ぎるとなかなか海に入るテンションが上がらないものです。
でもこのホットジェルを身体に塗って10分もすればポカポカ熱くなってきて早く水に入りたくてたまらなくなりますよ。

つま先や、足の付け根、脇の下、首の後ろと腰にしっかり塗っておくと温感効果が長持ちします。贅沢に使える大容量なのもGOODですね!

注意!超強力につきくれぐれも局部には塗らないよう注意しましょう。特にハードは危険です。


只今キャンペーン中につき試供サンプルをプレゼント中。ちょっと試して見たい方はお気軽にどうぞ。またお買い上げ頂いた方には小分けに持ち運びができるケースをプレゼント。

実はスノーボードや冬のランニングなんかにも効果バツグン。是非おためしください。

Brand:Gelaldo
Model:HOT GEL Regular/Hard
Price:¥1980(taxinc)

2013年12月12日

サーフカルチャーマガジンF+入荷。ご自由にお持ち帰り下さい

最新の海外のトップサーファーたちのコンペシーンを分析する編集長ユキさんの目線が面白い。サーフカルチャーを発信するフリーペーパー"F+(エフプラス)"が届きました。

今回は僕の好きなサーフフォトグラファーのブライアンビールマンの2013年の選りすぐりの美しい写真も掲載されています。お店に立ち寄った際には是非お持ち帰りください。

2013年12月09日

パウダーシーンで絶対的な存在感

パウダーの降った朝、リフトには運行前からこの日を待ちに待ったパウダーフリーク達が続々集まってきます。これから滑り降りる斜面に期待を膨らませながらここ一番のときに一緒につれてくる特別な相棒を片手に。
そんな個性的なボードが集まった中でも最近ひときわ存在感を示しているのがこれらのBURTON Family Tree シリーズのボードたちでしょう。

Family Tree(家系図)というだけに30年に及ぶバートンのスノーボードに対する取り組みの集大成をここに集結させる意気込みが感じられます。

Landlord(写真左¥84000)はテリエが開発した次世代パウダーボード。今年はこれに乗ってみようと思いますがパウダーの中でどんな動きをしてくれるのかすごく楽しみです。

Cloudsplitter(写真右¥89250)は竹内正則が開発した3本目のボード。キャンバーベースなのでグルーミングバーンも気持よさそうです。

Fishcuit(写真中¥81900)はバートン新開発のフィレオフレックスを搭載、センターのチャネルが前足から後ろ足までつながってフレックスが均等になりました。試乗会でも調子がよかったボードです。

おまけにチャネルアイランドのデッキパッドが貼ってある(笑)NO Boardとしても使えるようになっています。さらにパウダーの楽しみが広がりますね。


個人的にはソールのノーズに配置されたマウンテンロゴはかっこいい。スノーボード黎明期のジェイクバートンのスノーボードに対する熱い思いが共有できるようでチューンナップするときも嬉しくなります。

 前の10件    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11