<< ちょっと待って!! | メイン | サンタのあいだじゃもう常識 ? >>

2016年12月22日

スノーボードギアは年々進化して行ってると思ったら大間違い!

マーケットのシュリンクでコスト削減やら、ブランドの買収やら、マーケティングばかり先行して開発費の削減など大人の事情で残念なことになってしまった商品もたくさんあります。当店でイチオシで販売していたSALOMONのF4.0のブーツもその内の1つ。他社がまねできない秀でた性能を持ちながら消えてしまった残念な商品の1つです。

でもそんなことを言っても今後スノーボードをやめてしまうわけではないので、ゴソゴソとそれに変わる商品を検証中です。F4.0ユーザーの皆様に少しでも参考にしていただければ。


外寸が5mm変わるだけでレスポンスに違いがでます。運動靴なのだから外寸は小さいにこしたことはない。
外寸:F4.0<SLX≦Driver≦Ion<Hi Fi


重量も大事なファクター。車と同じでバネ下の重量は運動性に影響します。
重量:Ion<SLX<F4.0<Driver≦Hi Fi
片方1kg~1.15kgの間です。メタル入りの重いボードだと特にバインディングとブーツで少しでも軽量化したい。

あとはしなりと堅さ、感じ方は個人差がありますが、ヘタりにくさもブーツ選びの大切なポイントになります。
堅さ:SLX<Ion<Hi Fi<F4.0<Driver


Burton Driver X  
トータルして考えるとFブーツからの乗り換えの最有力候補となるとやっぱりコレになりますね。他のBurtonのブーツに比べても少し薄めのVibramソールの足裏感覚もいいし、ホールド感もSLX同様ジャパンフィットではないのでタイト。堅さも合格。あとは耐久性がいかがなものかというところ。あまり出回らない商品なので早めのアクションが必要です。


投稿者 magicisland : 2016年12月22日 14:00