2014年03月 | メイン | 2014年05月

2014年04月14日

ボールペンの会社が作るSUPがさらに進化

BICといえばあのBicBoyがトレードマークのボールペンを思い浮かべる方も多いと思いますが、サーフボードやウインドサーフィンのボードメーカーとしても世界的に有名なのです。あえてハイスペックなプロダクトにはフィーチャーせず、あくまでコンシューマーをターゲットとした物作りを行っているフランスの会社です。

昨年サーフボード型をフルモデルチェンジしたばかりというのに今期はさらにツーリングモデルが発売されました。細いノーズと12.6インチの長さはやはりパドリングにスピードが生まれ漕ぐ楽しさを感じさせてくれます。価格の魅力もさることながら漕ぐ事がさらに楽しくなるんですから言うことなしですね。

コストコなどでも安価なインフレータブルSUPを見かけますが、ほぼすべてが初期のインフレータブルSUPのスペックのもので時代遅れのものです。

その違いはというと
1)ボード自体の厚みが6インチに増し分厚くなった→従来の薄いインフレータブルはたわみが生じて安定性に欠けスピードも遅い。
2)空気圧が15ポンドまで強くかけれる→10ポンド程度しかかけられないボードはたわみが生じやすい。
3)取り外し式のセンターフィン付→トライフィンのものは直進安定性が低くクルージング向きではない。
4)ノーズにもDリングとキャリーハンドル付→牽引できるのでお子様が疲れたりしたときに役立つ。
5)ボードシェイプも最新のものになった。→シェイプが悪いと安定性に欠ける。

今期モデルも価格も押さえられて内容はかなり充実しています。これからSUPクルージングを始めようとする方には十分過ぎるボードですね。昨年までのサーフボードタイプは¥99000とさらにお求めやすくなっています。
マジックアイランドではスクールでも使用しています。試乗もできますのでお気軽にご連絡下さい。

Brand:BIC
Model:SUP Air 12"6’Touring
Price:¥129000
Model:SUP Air 11"Touring
Price:¥119000(tax inc)


マジックアイランドでは只今インフレータブルSUP購入の方にもれなくライフジャケットをサービスさせていただいております。(現金の場合)また無料でダイエットパドリングのレッスンを行なっております。


専用のバックに収納すればたったこれだけ!

インフレータブルSUPの魅力は、家での収納スペースがいらないことはもちろんですが、電車、船、飛行機の旅にボードを持参してより奥深く旅を楽しみたいノマドなパドラーにもなれることですね。さあ週末はどこに行って漕ぎましょうか?

投稿者 magicisland : 20:39