2011年01月 | メイン | 2011年03月

2011年02月28日

来期はもっとお洒落に!

もともとハードコアなイメージが強いスノーボードウエアも、スポーツとしての流れやファッションブランド参入などで、より形に広がりができてきました。様々なスタイル、マニュアルに縛られない自由な要素がスノーボードファッションの魅力の1つでもあります。

そんな流れの中で都会と雪山とを上手くブレンドし、独自の世界を追求するブランドをご紹介します

HOLDEN(ホールデン)

ヘンプ、デニム、コーデュロイ、レザーなどといった表情豊かな素材を活かし、上質かつオリジナルなウエアを展開。
今アメリカでは10数年前に流行ったブリック(レンガ色)やアースカラー、ミリタリーデザインがリバイバルトレンドになりつつあります。
それらをホールデン流に上手くアレンジし。質感、シルエット、細部にわたりこだわり抜かれたデザインやカットワークは、違いのわかるスノーボーダーから絶大な支持を得ています。

ただいま来期モデルの受注も承っておりますので、是非店頭でカタログや写真をご参考に!

投稿者 magicisland : 17:49 | コメント (0) | トラックバック

2011年02月25日

11/12 モデル NOVEMBER

有数のドメスティックボードを製造するOGASAKA工場の中でもハイエンドなラインとして位置づけされているブランドNovember

国内でのライディングテストにより製造ボードをデータ分析し、より快適にスノーボーディングを楽しめるよう、惜しみない技術が注ぎ込まれています

そのNovemberのラインナップに来期新たなモデルが加わります

DESIRE(デザイア)

フルツインチップでART ROCKERにも採用されているウィングロッカーを搭載。ART ROCKERに比べ、やや固めのフレックス、反発もやや強めに設定することでポップ感に優れた一面とクロスカーボン内蔵により足下の高い操作性を実現したモデルとなっております。

中上級者向けに設計されたダブルキャンバーといったところですね。トップライダーの笠原啓二郎くんも大絶賛されておりました


メーカーによって名称は異なりますが、こういったダブルキャンバーのモデルも特徴は様々。自分のライディングスタイルに合ったモデルをセレクトできるかどうかがカギになりそうですね

投稿者 magicisland : 16:19 | コメント (0) | トラックバック

2011年02月22日

気分はアストロノーツ

デカッ!
来期はウインタースポーツ史上最大級の大きさのゴーグルが登場します。それも複数のメーカーから。当然視界も最大級。果たして来期のファッショントレンドになっていくのか注目したいところ。ゲレンデで強烈なインパクトは間違いなし!宇宙飛行士がつけてそうですね。
トンボ野郎なんて言われるかな?


VONZIPPER


DRAGON


SABRE


OAKLY
ワンタッチでレンズの脱着が可能なモデルが登場。広い視界とともに利便性も兼ね備えた画期的なゴーグル。スペアレンズとケース付き

投稿者 magicisland : 13:12 | コメント (0) | トラックバック

2011年02月18日

ハンマー祭りだワッショイ!

昨年のバンクーバーオリンピックで、ほとんどのアルパインやクロスの選手のボードのノーズが丸ではなくて角だったのを覚えていますか?

その流れがようやく日本にも上陸、ハンマーヘッドと呼ばれる四角いノーズとバリアブルキャンバーと呼ばれる低いノーズロッカーを搭載することでレングスに対して長い有効エッジを取ることが可能となり、グリップが強化されるため最新のスピード系ボードには必須となっています。


GRAY DESPERADO

マジックアイランドのライダーの嘉藤さんが使用するGRAYの新型デスペラード。先日のSKINS CUPで嘉藤さんが優勝したことでその性能が実証されました。デッキにも滑走面素材を張り付けることで振動を吸収。ハイスピードでのカービング安定度は群を抜きます。


BC STREAM

BC Streamからはフリーライディングを意識したオールラウンドに使えるハンマーも登場。あまり構えずに最新コンセプトを体感できます。


KESSLER

ハンマーと言えばこのブランドを差し置いては語れません。初めて世の中にハンマーヘッドを送り出した元祖ともいえるブランド。その性能に各社が必死になって追いつこうとしています。

YONEX UNIFIX

ハンマーの恩恵を受けるのは滑走系のボードだけではありません。有効エッジはそのままにレングスをかなり短くすることが可能なため、126cmの全長でも有効エッジは110cmもあります。一昔前のMINIボードとは全く違う使えるMINIです。もう10cm長ければ十分メインボードでいけますね。このボードは完全受注生産なのでお早めに。

投稿者 magicisland : 17:43 | コメント (5883) | トラックバック

2011年02月11日

やっぱりそうきたか!

来期2012では残念ながらSALOMONの"Relay"バインディングのフルモデルチェンジはありませんでした。個人的にはあのナチュラルなのにクイックなフィーリングがかなりフェィバリットだったので期待してたんですけど。

そんなにのんびりやってるとまたバートンさんにパクられてしまいますよ!


Burton The Hinge

ほら、やられちゃったでしょ。ヒールカップにヒンジを付けることで踵からの動きが出せるようになっています。これでジブやジャンプでスタイリッシュにポークしたスタイルが出しやすくなるってわけですね。

悲しいかな天下のバートンさんがやってしまうと、あたかも最先端技術に見えてしまうんです。サロモンは4年も前からやってるコンセプトなのに。

でもようやく新しいバインディングの流れに勢いが出て来たことには変わりありません。搭載されるのはMalavita EST / DIODE ESTの上位2機種のみ。注目度が高く品薄アイテムになることは間違いないでしょう。もちろんMAGICISLANDでは取り扱いますので宜しくお願いします。

投稿者 magicisland : 14:14 | コメント (0) | トラックバック

リサイクル率の高いスノーボード

みなさんもご存知のようにスノーボードには滑走面やトップシート、サイドウオールといったプラスチックパーツが多く使用されています。

SALOMONのG.I.F.Tシリーズはこのプラスチックとファイバーグラスを従来の40%削減しリサイクル率の高いスノーボードになっています。今や他業界ではリサイクル率の高さが企業の技術力の高さみたいになっているところはありますよね。

樹脂の替わりにトップシートには特許技術である竹のベニヤを使用したり、サイドウオールにはコルクを使用するなど他社には見られない取り組みがユニークです。

そうして出来上がったボードの性能はというと、天然素材の持つナチュラルでやわらかい反発が心地よく、パウダーボードやリラックスクルージングには最適の素材といえます。

只今、店頭ではこの技術を使用した来期2012モデルのGRIPを展示しておりますので、興味のある方はじっくりご覧ください。

投稿者 magicisland : 13:23 | コメント (0) | トラックバック

2011年02月07日

ネットや量販では手に入らないお宝

今シーズンは超限定生産で、本当に限られた人にしかいきわたらなかったバートンのパウダーガン"Stellar"。しなやかなノーズフレックスとSロッカーの組み合わせが、パウダーはもちろん、降雪後のグルーミングバーンでも心地よいカービング可能にしてくれる大人のスノーサーフボードです。

実際、過去に乗ったパウダーボードの中でも、その性能は特筆するものがあり、スペシャルデイの一本としてコレクションにいれておいて間違いありません。

最新のキャンバーハンプスというロッカーを搭載しフルモデルチェンジした"X8CH"もバートンフリークには気になる逸品。バートンテクノロジーを集約し、日本人の為にだけ造られた贅沢な仕様になっています。

いずれもプロショップのみの販売となり、広島ではマジックアイランドでしか手に入りません。本当の違いを求めるスノーボーダーに是非乗っていただきたいプレミアムなボードです。

2012モデル限定予約受付中。

投稿者 magicisland : 15:24 | コメント (0) | トラックバック

2011年02月03日

復活!F4.0

来期2012モデルのSALOMONの展示会に行ってきました。
ここで僕にとってチョー嬉しいものを発見!なんとあの幻の名靴"F24"が生まれ変わって大復活を遂げているではありませんか。

F24といえば、恐らく僕の知る限りこれ以上の性能を誇るスノーボードブーツはありませんでした。それが昨今のコスト削減、大衆化、低価格化の波に飲まれ、プロダクトのラインナップから姿を消してしまっていたのです。

こんな画期的なレーシングシステムを搭載して復活!インサイドのシューレースを一本ひっぱり上げるだけの超カンタンなレーシングシステム!サイドからオーバーラップするタンを採用しているため部分的な当たりのない包み込むようなフィット感。

今まで同様、足のこうとすね部の締め分けが可能で堅さの調整ができます。2年間のブランクをはね除ける仕上がり。

さらにrelayバインディングとカラーリングも統一させてテクノロジーとマッチングをアピールしています。生産数も限定されそうなので確実に予約したほうがよさそうです。

これからこのコーナーでは、来期モデルのトピックをどんどんお知らせしていきますのでお楽しみに。来期モデルの詳細やカタログがご覧になりたい方は、お気軽にお店に遊びに来て下さい。


投稿者 magicisland : 13:28 | コメント (0) | トラックバック